ビー玉ゲーム「たのけん」を御存じですか?「楽(たの)しく」「健(けん)康に」という願いを込めて名付けられた「たのけん」です。県老連の研修会でも紹介をしたことがあるので、見たこともある方もいらっしゃると思います。今回、「たのけんゲーム」2,500台作成間近を記念して、県老連に18台「たのけんゲーム」を寄贈頂きました。今回贈呈式に、遊源会社「たのけん工房」代表の豊岡光闡さんと、気まぐれ社員と紹介された作り手の伊妻さん、渡邉さんが県老連に訪問下さいました。

  手前は、県老連に寄贈いただいた特大版!

 豊岡さんが、退職後あるお家に訪問した際、このビー玉ゲームに出会い、なんとかしてこのおもしろいゲームを高齢者や障がい者などに届けたいと思い立ち、試行錯誤してやっと、木のぬくもりのある、出来るだけ安くお届けできる商品を作成したそうです。そして、お年寄りから子供まで愛される「たのけんゲーム」に成長したそうです。

 寄贈いただいた18台は、18市町村老連事務局に、そして写真手前にある特大「たのけん」は県老連に頂きました。興味のある方は、市町村老連、県老連にお問い合わせください。興味をもたれた方、遊び方がわからない方は、ユーチューブで「たのけん」で検索すると、遊び方がわかるようですよ。

ページトップへ