「歩行者に対する基本的な交通ルールの周知について」

 

年末は皆様なにかと忙しく、交通の量が増え、事故などが起きやすくなる時期です。

交通事故の被害者・加害者にならないために、大分県交通安全推進協議会から「歩行者に対する基本的な交通ルールの周知について」協力依頼がありましたので、お知らせします。

歩行者が犠牲になる交通事故を防止するために、運転手側の従来の「横断歩道でのマナーアップ」はもちろんのこと、歩行者側も横断時に意思表示をするといった交通行動をとり、自らの安全を守りましょう。

なお、依頼文書内にある「スムーズな横断」とは、「斜め横断や、ながらスマホなどをせず、速やかに道路を渡ること」です。

穏やかな年末年始を迎えるために、クラブ会員の皆様への周知をお願いいたします。

歩行者に対する基本的な交通ルールの周知について(依頼)

歩行者優先と正しい横断の徹底に向けた取組の協力依頼について(添付資料)

ページトップへ